週間 田無道場2

今週の田無道場は少年昇級審査みきわめ・一般昇級審査申し込み・関東大会強化稽古・田無道場オリジナルスウェットパンツ注文などなどが開始され、また新規入会者や体験入会などがありにぎやかな一週間となりましたこの写真は道場に展示してあるスウェットのサンプルです。

審査の見極めは田無道場独自のシステムで稽古日数や稽古への姿勢・支部で定められた受審条件(レベルによって帯を自分で結ぶ事ができる・上級の8名以上のトーナメントで入賞経験がある・など。)を満たしている事。

こうあると審査を受ける事は名誉のあることと思われがちですが佐野先生はこう語りました。

「帯が上がる(審査)というものに対して名誉欲や優越感・自慢のような事を感じている道場生やそのご父兄がもしいたら、真実を伝えねばなりません。

空手を習う一つの目的である(目標を設定し達成する為のプロセスを学ぶ)がありますが、帯を締めるのが大事でなくそのための努力が大切です。

帯(級)とはその人の実力を表すものであってそうでないのに締めてしまうとおかしなことが起こります。

たとえば低学年で身体が柔らかくかたちが上手で軽いから腕立てなどの体力審査も回数をクリアーできる子に、そのこに黄帯を許したとしましょう。黄帯を締めたとたん、高学年の身体の大きな青帯に組手で全く歯が立たないとなればやられたほうもやったほうも帯って何だという疑問が生じます。しかも大人から学年が下だから軽くやってあげて!なんて言われたらもう理解不能ですね。

低学年帯というのがあって4年生くらいから白帯にリセットされるというならありだと思います。

それから(後から入ってきた人に進級を抜かされた!)といってあせるのも帯が各自の上達に合わせたものと考えたらおかしな話ですね。

同じレストランに同じ時間に入っても頼むものや食べるペースが違います。またレストランに入る前に軽く何か食べていた人や空腹の人もいます。満腹になるタイミングは違って当たり前です。

少年部の中にはまだ幼さが残って道場で走り回ってしまう子も少しいます。もちろん注意やアプローチはします、でもなんらかの経験をするために幼いので抑圧する必要はありません。それにそういう子にかぎって目覚めた時に(あほな事をしたな。)と後悔しその後の巻き返しがすごかったりします。それを粘り強く本物の空手家が出入りする道場の空気を吸いながら見守るのが大事ですね。

一般部はこの幼さを素人(非空手家)っぽさに変換してはいかがでしょうか。

また審査を受けない時は自分の帯と現在の実力・言動などを確認するのにちょうど良い機会です。この期間を活用するべきです。」道場生の皆様におかれましては風邪などひかれませんよう、元気に道場へ通ってください!審査締めきりは12月3日です。

コメントは受け付けていません。