西東京市田無町にある極真空手の道場です

少年部

対象:5歳〜小学6年生

20126td 044IMG_8773

極真空手は武道ですから、稽古を行う目的は人間形成です。大人がすべてプロデュースして上達を早めたり試合で勝たせたりするものではありません。ですから相手を尊重する姿勢や礼法は少年部とはいえ大切なものです。

基本稽古や移動稽古、ミット打ち、上級者になると型の稽古も、大人に負けじとこなしていきます。

サポーターをしっかりとつけて組手を安全に行います。

ただ直接打撃制ですから痛い思いもします。そしてそのあかつきには相手の痛みを知ることになるでしょう。

全力で打ち合ったものどうしには強い絆がうまれ道場だけの仲間ができます。

ビデオカメラの画像 00820126td 035

道場としては試合に勝つことや帯が上がることを目標にしますが、それに終始しないよう指導します。

試合は相手が弱ければ勝ちます。ですから自己成長と必ずしも結びつくとはいえないのです。

大切なのはそこまでのプロセスと、経験した後

20126td 06820126td 097

の社会生活の中で「話を聞けるようになった。」「靴を揃えるようになった。」「挨拶の声が大きくなった。」「後始末を出来る様になった」などの人としての成長があらわれることを「強くなった」と呼んでいます。

そしておうちの方のも武道精神に触れて頂きます。

よその習い事で付き添いのお母さま方が、見もせずぺちゃくちゃおしゃべりをしているのを見ます。

道場に入ったら付き添いでなくて見学です。

武道家の親としてその教えに触れ、暖かく見守ってあげてください。