西東京市田無町にある極真空手の道場です

少年・一般 選手のきまり

試合に出場する選手、保護者の方はとくにご一読ください。

まず、日頃の稽古を真剣に行いましょう。これは対戦相手への最大の敬意の表し方です。また、試合に関わる全ての人に対する礼儀です。 そして、

1.試合の申し込みが始まったらすぐに申し込みをし、申し込み期限を必ず守る。

2.試合までに必要な防具などを確認し、古くなっていたり、汚くなっていたら新しいものを揃える。

3.当日、応援、サポーターに会った時に「お願いします。」とあいさつする。

4.試合場には決められた手段で集合時間厳守で会場へ。

5.受付その他必要な手続きは早めに済ませる。

6.必要であれば決められた場所での準備運動。

7.開会式の時間までには整然と並び開式を待つ。

8.試合順をしっかりと把握して5試合前までには選手控え場所で待つ。

9.選手係にあいさつ並びにお礼をして試合に備える。

10.試合場に礼をしてから上がる。

11.正面、審判、対戦相手に礼をする。

12.すべて自分の責任において全力を尽くし、最後まであきらめないで戦う。

13.試合の結果のすべてを審判に預ける。

14.勝敗にかかわらず、正面、審判、対戦相手に礼をし相手と握手する。

15.試合場に礼をして降りる。

16.選手係にあいさつ並びにお礼をして下がる。

17.もう一度、試合相手にしっかりとお礼を言い健闘を称える。

18.応援、サポーターにお礼を言う。

19.勝った場合は次の試合に備える。

20.負けた場合は道場の他の仲間の応援をする。また、試合を見て勉強する。

21.全試合終了後、閉会式には必ず参加する。

22.道場ごとの集まりがある場合は必ず参加する。

23.すべての日程が終了したら先生、応援、サポーターに挨拶をして帰る。

24.後日、道場で先生、応援、サポーターにあらためてお礼をする。

※悔しがることと腐ることは違います。大会途中で立ち去ることは 学ぶチャンスを逃すと同時に重大なマナー違反です。

勝って驕らず、負けて腐らず

※大会に出場する人は全試合終了後、閉会式まで参加すべきであり、 やむを得ない理由により試合場を後にする場合は 先生、応援、サポーターにお礼ならびにあいさつをして帰るのが最低限のマナーです。

以上すべてが大会に参加するということです。

極真空手を学ぶ者は技だけでなく心も強くなるように しっかりと礼儀を身に付け、礼節を実践しましょう。